Discover Wonderland, Japan!

STORE

TOKYO目黒店

浮世絵にも多く登場する目黒は、参拝行楽地として栄え、富士山を眺める格好の景勝地でした。
目黒店の店内には浮世絵の意匠を取り入れた欄間や壁画を施しています。
衣食住/日々の暮らしに関わる商品を、「二十四節気」「茶」「食」などのコトを焦点にしたテーマに沿って提案致します。

住所
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-16-9 アトレ目黒1 4F
営業時間
10:00~21:00
電話番号
03-6408-8432
店舗へのアクセス
JR目黒駅直結
GOOGLE MAP

周辺情報

  • 目黒不動尊(龍泉寺)
    目黒不動尊(龍泉寺)

    のレン目黒店から徒歩20分

    天台宗寺院。3代目座主、慈覚大師が9世紀に創建。江戸五色不動・江戸三大不動の一つ。また、湯島天神、谷中の感応寺(現在の天王寺)と並んで江戸の三富と呼ばれました。
    行者が水ごりする独鈷の瀧があります。慈覚大師が独鈷と呼ばれる仏具を投げたところ、泉が湧き出したと言われており、今も涸れることなく湧き水が出続けています。 目黒の地名はこの「目黒不動」に由来するという説もあります。青木昆陽の墓がある事でも知られています。
    GOOGLE MAP

  • 大鳥神社
    大鳥神社

    のレン目黒店から徒歩7分

    目黒区最古の神社といわれ、11月の酉の市では、縁起物の熊手を買い求める人でにぎわいます。
    日本武尊が東征戦勝ののち剣を奉納したといわれ、江戸後期から伝わる壮厳な太々神楽「剣の舞」が9月の例大祭で奉納されます。
    GOOGLE MAP

  • 五百羅漢寺
    五百羅漢寺

    のレン目黒店から徒歩12分

    江戸の元禄時代に松雲元慶禅師によって本所五ツ目(現在の江東区大島)に創建され、明治41年に現在の場所に移転しました。
    当初作られた500体以上の羅漢(聖者の意)像は305体に減りましたが、昭和56年に近代的なお堂が完成し、祀られています。
    また、広島で被爆し、倒れた新劇の移動劇団さくら隊(丸山定夫以下8名)の霊を慰めるための建碑である、原爆殉難碑が建てられています。
    GOOGLE MAP

  • 目黒雅叙園
    目黒雅叙園

    のレン目黒店から徒歩3分

    昭和6年に開業した料亭から始まる日本国内最初の総合結婚式場。
    絢爛たる装飾を施された園内の様子は「昭和の竜宮城」と呼ばれ、ケヤキ板材で創られた「百段階段」とそれに沿ってある7つの座敷宴会場のうち、4つの間が、東京都指定登録有形文化財となっています。
    映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルでもあります。 また、中華料理店で見られる円形ターンテーブルも創業者の発案で、その後、中国大陸に伝わったそうです。
    GOOGLE MAP
  • 目黒川の桜並木
    目黒川の桜並木

    のレン目黒店から徒歩5分

    世田谷区から、目黒区、品川区を通り東京湾に注ぐ約8kmの目黒川。 池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋(品川区)までの約3.8kmの川沿いの両岸には、約800本のソメイヨシノが咲き競う様です。
    大きな公園などは無いものの、川沿いのそぞろ歩きを楽しむことができます。
    周辺は、お洒落なレストランやカフェと個性的な専門店があります。
    GOOGLE MAP

  • 目黒区美術館
    目黒区美術館

    のレン目黒店から徒歩10分

    近現代のわが国の作家による美術作品を収集し、これらを収蔵作品展で公開するほか、内外の多様な美術の動向をとらえた企画展を積極的に開催しています。
    生活の中の美や、作品のなりたちと素材・技法に目をむけるワークショップ活動は、展示と体験活動を融合させる新たな試みとして当館の大きな特色となっています。
    のレン店舗のあるアトレからは、権之助坂をおりて、目黒川を渡ると直ぐです。
    GOOGLE MAP

  • とんかつ「とんき」
    とんかつ「とんき」

    のレン目黒店から徒歩2分

    創業 昭和14年の歴史ある名店で、作家 池波正太郎も愛したお店です。
    アトレから2分ですが、並ぶ覚悟でどうぞ。 GOOGLE MAP

  • 日出中学校/高等学校
    日出中学校/高等学校

    のレン目黒店から徒歩5分

    大正年間より現在地に所在する私立学校。
    地元住民との交流もさかんで「目黒のさんま祭り」「権之助坂商店街盆踊り大会」へのボランティア活動や学園祭「すずかけ祭り」は人気です。
    GOOGLE MAP

  • 東京都庭園美術館
    東京都庭園美術館

    のレン目黒店から徒歩10分

    旧朝香宮邸とも呼ばれ、白金台にあります。
    武蔵野の面影を残す国立自然教育園に隣接した同館の敷地および建物は、1947年の皇籍離脱まで朝香宮鳩彦王が暮らした邸宅でした。 その後、吉田茂の外務大臣公邸として使用されます。迎賓館としても長く使われました。
    本館は国の重要文化財。内装は、仏のインテリアデザイナーでアールデコのアンリ・ラパンが担当しました。アトレからは徒歩10分にあるオアシスです。
    GOOGLE MAP

STORE LIST